2008年09月13日

旧満鉄のマンホール@大連

昔の写真を整理していたら、2001年10月に中国・大連へ行った時の写真が出てきました。

大連は帝政ロシア時代にロシアが租借して街作りを始めた「ダーリニー」を、日露戦争に勝利した日本が「大連」と改称して本格的な街作りを行ったところです。
そして、現在の大連市街地中心部には、その時代の建物が数多く残されています。

日本租借地時代に大連のインフラ整備に大きな役割を果たしたのが、南満州鉄道(満鉄)です。
旧満鉄本社も残っており、現在は瀋陽鉄路局大連鉄道有限責任公司として使われています。

011020114304s.jpg

この写真は3棟ある本社のうち、真ん中の建物(別館)です。

その旧満鉄本社別館前には、満鉄時代のマンホールも残っており、現在も現役で使われています。

011020114510s.jpg

マンホールの蓋には「M」とレールの断面を表す「I」を組み合わせた満鉄の社章が入っており、歴史を感じさせられます。
posted by いしぐろ at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 道端で見つけた | 更新情報をチェックする

2008年08月10日

国道最高地点 (R292渋峠)

だいぶ前の写真ですが…

現在の日本の国道最高地点はR292の渋峠になります。
渋峠は群馬県六合村と長野県山ノ内町との境界になりますが、国道の最高地点は渋峠から少し六合村側に行ったところにあります。

この写真は2000年7月23日に撮影した、国道最高地点に一番近い国道標識です。

000723105314m.jpg


現在はこの国道標識の近くに「国道最高地点」の石碑が建てられていますが、この写真を撮った当時は石碑はまだ建っていませんでした。

posted by いしぐろ at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 道端で見つけた | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。