2008年08月08日

在りし日の白看@大田区南蒲田

ここで紹介する白看は既に消滅していて現存しません。

2000年6月18日、国道MLで当時白看リストを担当していた山本@栃木さんと京急蒲田駅で待ち合わせしていました。
自分が到着する前に付近を探索していた山本さんが発見したのがこの白看です。
今では自他共に認める(?)白看マニアとなってしまった自分ですが、この写真を撮影した事が白看に嵌るきっかけとなったのでした。





R15と環八とが交差する南蒲田交差点。
そこから1本北側の細い道とR15が交差する地点にこの白看は立っていました。

000618112034s.jpg


案内先は品川と横浜。
「品」の略字がいいなぁ。

000618112013s.jpg


ところで、なぜ環八ではなくこんな細い道に白看が立っていたのでしょうか?
それは現在の環八ができる前、この細い道が幹線道路だった時代に設置されたからなのです。
環八の大鳥居〜南蒲田区間は、当時の既存「都道 羽田蒲田線」を改築することで建設されました。
ただし、南蒲田交差点付近は田園調布方面に向かうルート(これは既存の道路を活用せず新設)と接続するために、既存の都道から南側に逸れるようなルートが新設されました。
つまり、この白看が立っていた道路は、環八建設前の「都道 羽田蒲田線」の名残なのです。


残念ながら、この白看は撮影後1〜2年で消滅してしまいました。
白看が立っていた場所の現況はGoogleマップストリートビューで確認することができます。


大きな地図で見る

左側にある古い建物は変わらず建っていますが、右側とR15沿いはかなり風景が変わってしまいました。
今ここでは南蒲田立体化工事が行われているところです。
posted by いしぐろ at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 白看(南関東) | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。