2009年05月31日

[Book] 国道の謎

『国道の謎』

Image563.jpg

著者  松波成行
発行所 祥伝社
定価  880円+税
2009年6月5日 初版第1刷発行
ISBN 978-4-396-11160-1

Image564.jpg

Image565.jpg

祥伝社新書から5月29日に発売

道路系の老舗Webサイト「日本の道」の作者で、イカロス出版のムック「酷道をゆく」「酷道をゆく2」のシリーズ、アルバトロスのDVD「酷道(コクドウ)東日本編西日本編」シリーズでおなじみの松波成行さんが、「国道」について解説した本を出しました。

「酷道」本などで酷道専門家のイメージが定着した松波さんですが、実は明治時代から始まる日本の国道の歴史や法令などへの造詣が深く、この分野での日本の第一人者と言えるでしょう。
その松波さんが「謎」をキーワードに全国の珍しい国道、歴史が刻まれた国道などを、地図や資料をふんだんに用いて紹介してくれます。

是非とも読んで欲しい1冊です。
posted by いしぐろ at 11:51| Comment(2) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まつなみです。

嬉しい書評をありがとうございます。ようやく本線の「国道」について思う存分書くことができました。だからこそ、ウケはないかもしれませんが・・・。

このような本も一冊はあっていいのか、とも思っております。

今後とも、よろしくお願いします。
Posted by くにみち at 2009年06月01日 00:03
まつなみさん、お久しぶりです。
著者自らコメントいただき、恐縮しております。

まだ全部読み終えていないのですが、このような視点で国道について掘り下げて解説した本は、他には無いのではと思います。

このようなすばらしい本を発行していただいた祥伝社の方々にも感謝の言葉を贈りたいと思います。
Posted by いしぐろ at 2009年06月01日 06:19
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/399202668

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。